2023年5月10日 基礎知識

キャッシュフローがマイナスになる要因とは|キャッシュフロー分析で重要なポイント

キャッシュフローがマイナスになる要因とは|キャッシュフロー分析で重要なポイント

キャッシュフローとは、一定期間における現金の流入・流出を表したものです。利益と混同されがちですが、キャシュフローがマイナスでも利益は黒字になることがあります。事業の健全性を保つためにも、キャッシュフローの仕組みについて理解することが大切です。

今回の記事では、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローとは何かについて理解を深めた上で、各キャッシュフローがマイナスになるとはどういう意味なのかを解説していきます。

目次

キャッシュフローとは?貸借対照表と損益計算書との違い

キャッシュフローとは?貸借対照表と損益計算書との違い

キャッシュフローとは、企業活動における「現金(キャッシュ)の流れ(フロー)」のことをいいます。一定期間においてどれくらいの現金が入り(キャッシュ・イン)、出ていったのか(キャッシュ・アウト)を見ることで、事業活動の健全性を把握するというものです。

貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)・キャッシュフロー計算書を財務三表といい、それぞれにわかることが異なります。

貸借対照表は期末における企業の財政状態を表すものです。企業が所有する資産(資産の部)を左側に記載し、買掛金や借入金などの負債(負債の部)と残った純資産(資本の部)を右側に表記するため、最終的に左側と右側の数値はイコールになります。一般的には、自己資本比率(純資産÷総資本)が高いほど財政状態が安定していると判断します。

損益計算書は、一定期間における事業の収益性を表すものです。売上高からかかったコストを差し引くことで収益性がわかります。利益率の高い事業運営ができていれば、事業拡大に向けた投資を行えるなど高い成長を見込めます。

キャッシュフロー計算書は、会計期間における現金の流れを表すものです。他の財務諸表との違いは、何によって現金が増減しているのか要因がわかること、また、現時点で会社にどれくらいの現金が残っているのかを把握できることです。

財務三表はそれぞれの数字の中身を補完するように連動しており、合わせて見ていくことで経営状況を的確に把握することができます。中小企業や個人事業主にはキャッシュフロー計算書の作成は義務付けられていませんが、安定した経営につなげるためにも自社のキャッシュフローについてしっかりと把握する必要があるのです。

キャッシュフローは企業の活動に応じて、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの3つに分類されます。詳しく見ていきましょう。

営業活動によるキャッシュフローとは

営業活動によるキャッシュフローとは、本業から得た現金の流れです。営業活動による収入・支出のほか、税金や利息など他のキャッシュフローに含まれないものもここに入れます。営業キャッシュフローがプラスであれば、企業は営業活動によって現金を生み出せており、本業での事業活動が順調に進んでいると判断できます。

投資活動によるキャッシュフローとは

投資活動によるキャッシュフローとは、投資活動によって生じた現金の流れのことです。例えば、設備投資による収入・支出、買収、子会社の株式取得による収入・支出などが含まれます。投資キャッシュフローがプラスになる例では、有価証券や固定資産の売却などで現金が増えている場合があります。

投資キャッシュフローは企業の成長戦略や投資計画に関する情報でもあるため、投資家などの第三者にとって重要な指標とされています。

財務活動によるキャッシュフローとは

財務活動によるキャッシュフローは、企業の財務活動によって生じた現金の流れのことをいいます。借入や株式発行による収入、借入金返済や配当支払いによる支出などが財務キャッシュフローに含まれます。

財務キャッシュフローがプラスであれば、企業は財務活動によって現金を増やしていることになります。例えば、企業が上場した場合は一般投資家から資金を調達するため、財務キャッシュフローが大きくプラスになることが多くなっています。

営業キャッシュフローがマイナスの場合とは

営業キャッシュフローがマイナスの場合とは

営業キャッシュフローがマイナスになる場合とは、営業による支出が収入を上回っている状態です。つまり、本業の営業活動によって日々の営業コストを賄うだけのキャッシュを生み出せなかったということを意味します。営業キャッシュフローがマイナスになる要因は、以下のようなケースが考えられます。

  • 売上の減少
  • 経費の増加
  • 売掛金の回収遅延
  • 不良在庫の増加

営業キャッシュフローは本業の営業活動による増減を表すため、当然ながら売上が下がったりコストをかけすぎたりしてしまうと、営業キャッシュフローがマイナスになる可能性が高まります。

また、利益が出ていても、売掛金の回収が遅いと営業キャッシュフローは悪化してしまいます。営業収入だけで営業活動の支出を賄えない場合、金融機関や株主からの資金調達などを検討するなどの対策が必要です。

投資キャッシュフローがマイナスの場合とは

投資キャッシュフローがマイナスの場合とは

投資キャッシュフローがマイナスの場合は、投資活動によって得られた収入よりも支出が上回っている状態を表します。ただし、設備投資や資産購入は将来的に利益や売上を増加させるために必要な投資であることも想定されるため、一時的に投資キャッシュフローがマイナスになっていても悪い状態にあるとはいえません。逆に、資産売却などによってプラスになっている時は、手元資金を集めるための対策となっている場合があります。

一方、長期的に投資キャシュフローがマイナスになっている場合は、投資による利益が捻出できていないとも捉えられるため、企業の戦略を見直す必要性も出てきます。投資キャッシュフローでは一時的なプラスマイナスで判断するのではなく、将来的に資金を回収できるかという長期的な視点で見極めることが大切です。

財務キャッシュフローがマイナスの場合とは?

財務キャッシュフローがマイナスの場合とは?

投資キャッシュフローがマイナスになる場合とは、株主に対して配当を支払っていたり、借入金を返済していたりするケースが考えられます。事業が好調で資金に余裕がある企業は、財務キャッシュフローがマイナスの場合が多いといえます。

ただし、営業CFがマイナスで財務CFもマイナスの場合は注意が必要です。このケースでは経営難にも関わらず、希望通りの融資が受けられていなかったり、金融機関から返済を迫られていたりする可能性があります。財務CFは他2つのキャッシュフローを見ながら分析することが重要です。

キャッシュフロー分析で重要なこと

キャッシュフロー分析で重要なこと

キャッシュフローから経営状況を適切に読み取るには、営業CF・投資CF・財務CFの3つのプラスマイナスから分析することが重要です。ここでは、キャッシュフロー分析における良好パターンや悪化パターンの例を挙げながら解説していきます。

良好パターン①営業CF:+、投資CF:-、財務CF:-

本業が好調で資金が生み出せており、得た資金を設備投資や返済に充てている状態です。投資家や銀行などの金融機関側から見ると、堅実経営の優良企業と判断できます。

良好パターン②営業CF:+、投資CF:-、財務CF:+

本業で得た資金を投資に回しつつ、足りない分を借入金などで賄っている状態です。スタートアップや事業拡大中の企業によく見られる積極型のキャッシュフローといえます。

悪化パターン①営業CF:-、投資CF:+、財務CF:-

本業で利益を生み出せず、固定資産の売却などで得た資金を返済に充てている状態で、事業が衰退している企業に見られるキャッシュフローです。売却できる資産が残っている間に、事業を立て直す必要があります。

悪化パターン②営業CF:-、投資CF:+、財務CF:+

本業が業績不振かつ固定資産を売却した資金で賄えず、追加で借入を行っている状態です。成長のための投資を行えておらず、経営が悪化しています。

フリーキャッシュフローとは

フリーキャッシュフローとはその名の通り、自由に(フリー)に使える現金がどれだけあるのかを示した指標です。フリーキャッシュフローは以下のように算出されます。

フリーキャッシュフロー = 営業キャッシュフロー − 投資キャッシュフロー

フリーキャッシュフローがあることで、会社は借入金の返済や株主への配当、事業拡大のための投資に充てることが可能になります。

フリーキャッシュフローをプラスに保つことは資金に余裕があることを意味し、安定した事業経営がなされていると判断できます。フリーキャッシュフローがマイナスの場合は、何が原因でフリーキャッシュフローがマイナスになっているのかを確認し、営業CFを増やすか、投資CFでの支出を抑えていくための対策を講じていかなければいけません。

ただし、積極的な投資が必要なフェーズにおいては一時的にフリーキャッシュフローがマイナスになることもあります。

freee資金調達を使ってキャッシュフローの改善に役立てよう

freee資金調達を使ってキャッシュフローの改善に役立てよう

キャッシュフローは現金の流れを意味し、企業を経営していく上で重要な指標となります。

キャッシュフローがプラス・マイナスになる要因を把握し、改善につなげていくことは経営者として必要不可欠なスキルといえるでしょう。また、必要に応じてファクタリングや融資といった資金調達を検討しておくことで、急に資金が必要になった際に安心して対応することができます。

最後に、キャッシュフローの改善に役立つ「freee資金調達」をご紹介します。

freee資金調達」は、Web上に条件を入力するだけで、補助金・銀行融資・ビジネスローン・ファクタリングなど、様々な資金調達手段から自社に最適なものを見つけられるサービスです。

freee資金調達の特徴は以下の通りです。

・入力条件をもとに各金融機関で実際に融資を受けられる可能性があるかを予測

※「可能性診断」機能つき

・即日利用開始可能で急な資金繰りにも対応

※登録時間はわずか10分

・一度入力した情報は保存されるので、また資金が必要になった際にもすぐに調達手段を確認できる

freee資金調達は無料で利用できます。「資金を調達したいけれど、自社に適した調達手段がわからない」という方は、ぜひfreee資金調達を活用し、融資選定や資金繰りにお役立てください。

資金調達手段の利用可能性を診断できる「freee 資金調達」

即日利用可能な複数の資金調達手段を、金額や利率・手数料、調達までの所要期間など調達可能性とともに見比べ、オンラインで申込できるサービスです。登録時間はわずか10分、一度情報を入力すれば自動診断を継続的に確認できます。

  • ローン商品や給付金等の情報は、特に断りがない限り記事公開現在のものです。最新の情報は各金融機関のホームページや公式サイトでご確認ください。
  • freee資金調達はお客様のサービス選択時の参考情報提供を目的としており、特定の金融機関、ローン商品の優劣を示したものではありません。
  • 各金融機関の審査結果によっては利用できない場合があります。

カテゴリ「基礎知識」内の他の記事

関連記事

カテゴリ

すべてのタグ

freeeのサービス

最新記事

月別アーカイブ